床工事・張り替え

老朽化した床は、傷や汚れが目立つようになるだけではなく、歩いた際に軋み音がするようになります。
老朽化の症状をそのままにしていると、下地部分にまで影響が及んで大きな修繕工事が必要になることもあります。

このような事態にならないためにも、老朽化に気付いた際は早めに張り替えを行いましょう。

ONE PATINAでは、切って張るだけフローリング用床張りシート「ナオスシート」を進めております。
切って張るだけの簡単な施工法であるため、工期短縮、工事費低減、施工音低減、廃材抑制等が図れるリフォームに適した工法となっています。

ナオスシートの特徴

ナオスシートとは、切って張るだけフローリング用床張りシート。
既存フローリング撤去する工程がなく、廃材を出すことなく、工期の短縮、低コストでの施工が可能です。

○既存フローリングの上に施工可能(遮音タイプ・床暖房も可)
○工期短縮
○価格が安価
○低騒音
○廃材抑制
○メンテナンスがしやすい
○豊富なカラーバリエーション

施工の流れ

①下地処理
サンドペーパーを使用して、床の凹凸や小さい傷を補修。

②シート張り
各現場に合わせてカットしたシートをフローリングに張る。
床だけでなく、階段などにも簡単にキレイに仕上げることが可能となります。

③仕上げ
シート接着後、既存の木目に沿ってカット、目地入れ。
シートが破損しても、破損したシートのみ張り替えが可能なのでメンテナンスも簡単です。

一覧ページに戻る

会社概要
お問い合わせ

新着記事

ブログカテゴリ

  • カテゴリーなし