木造解体

解体工事は各現場の状況や構造によって、工事に掛かる費用や手順は大きく異なります。
一般住宅や店舗などの木造建物は、かなり複雑な構造であったり様々な工法でつくられています。

みなさまには事前に十分な現地調査を行っていただき、建物それぞれの建築様式に合わせた工事をご提案していただきます。

また解体工事だけではなく、工事中に排出される産業廃棄物や生活ゴミ、残置物の処理もあわせてお任せします。

■木造建築の解体方法

〇手こわし解体工事
この工法は重機を使用せず、専用工具を用いて解体をしていきます。
重機を使用したときよりも、廃棄物の分別が容易ですし、振動・騒音などの影響も最小限に抑えられ、重機が入り込むことができない狭小地で、その効果は最大限に発揮されます。

〇手こわし併用機械分別解体工事
現在、主流の解体法で建物内部を手こわしした後、重機を使って作業を進めていく工法となります。
再資源化しやすい木くずやがれきを重点的に分別しながら、作業を進めていきます。
手作業と機械を併用することで、効率的に工期短縮が見込めます。

▼対応建物
戸建て、アパート・ハイツ、マンション、店舗、公共施設

一覧ページに戻る

会社概要
お問い合わせ

新着記事

ブログカテゴリ

  • カテゴリーなし