内装解体

内装解体では、内装の取り壊し作業や廃材撤去作業を担当していただきます。
この工事は主に、店舗やオフィス・テナントを明け渡す際に行われます。

そんな内装解体には、建物構造体以外の壁材・床材・その他の材料など全て解体する『スケルトン工事』と、店舗や事務所を明け渡すために元通りの状態に戻す『原状回復工事』があります。

どのような内装解体工事でも対応しており、すぐに知識と技術を身につけられます。

■スケルトン工事と原状回復工事

○スケルトン工事
スケルトン工事とは、建築物の外壁や屋根などの主要構造部分をそのままにしておき、その他の内装や設備をすべて取り替えることです。
また、店舗の場合は、コンクリートの打ちっぱなしの状態にすることがほとんどです。

○原状回復工事
原状回復工事とは、看板などの建物付帯物・諸設備の撤去や床・壁・天井などを修繕して、元通りのキレイな状態に戻す工事のことです。
店舗や事務所の移転や撤退、またはマンションでの引っ越しなどをするときは、設備などを取り除いた状態で貸主に部屋を返すことが義務づけられていることがほとんどです。

一覧ページに戻る

会社概要
お問い合わせ

新着記事

ブログカテゴリ

  • カテゴリーなし